読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケラー・ザ・アフィリエイト!

これからアフィリエイトを始める方に向けた広告・メルマガ一切なしの初心者向けブログ

久しぶりにただただ思っていることを書く~この記事に意味は無い でもなんか書きたくなった~

 

f:id:kellertheaffiliate:20170506030212j:plain

 

小さい頃に聞いた昔話って大人になって思い返してみるとよく分かるって話が多くて、前のブログにもそのまた前のブログにもよく出てくる「王様の耳はロバの耳」なんかは本当に大人になってから好きになった寓話だなと思っています。

 愚痴ったっていいじゃない、人間だもの! ブログなんて自由に書けばいいんだよ

 

ほとんどの人間にとって、実は胸の内側にある何を吐き出す「穴」が必要なんじゃないかなって思ってます。

以前のブログとそれ以前のブログは完全にその「穴」の役割を果たしていて、その場その時に思ったことをそのままぶつけていました。

それが可能だったのは、それを読むであろう人は実際に自分とは会ったこともないだろうし会うこともないだろう人々だったからに他なりませんよね。

そうじゃなくなってしまった今、このブログはかなり真面目に運営しています。

そのためなのかどうなのか、精神のバランスがうまくとれていません。

内側に溜めてしまう何かが多くなってしまったのか何なのか。どこかで何かを吐き出さなきゃいけないとしたら、やっぱここなのかぁって。

これを書いている現在5月6日の午前2時

昨日は7歳ぐらい年下の女の子にひたすら今思っていることをlineで話し続けるといういい年こいて何やってんだな1日を送っていました。

本当に何やってんだって感じなんですが、気持ちがめちゃくちゃ楽になったんですよね。まぁ、聞き手が素晴らしい方で「〇〇さんの言ってることよく分かります」とひたすら言ってくれたのがよかったんですが。

結局人間って肯定されたいっていういわゆる承認欲求が強い生き物ですよね。というか人間だけじゃなくて実は全生物がそうだと思います。

犬のトイレのしつけをする時、トイレの失敗を怒ると飼い主の前でトイレをしなくなってしまうんです。だから、成功した時に思い切り褒めるということが大事で、トイレする=褒められる=自己を承認されるというプロセスが大事になるんですよね。

「うちの子は勉強嫌いで困る」というお母さんは結構多いんですけど、子供が勉強嫌いになってしまう最大の理由は「承認を与えないこと」です。

テストの点数が悪かったので怒る

これをしてしまうと大概子供の成績は伸びません。特に母親の場合は。

子供と言うのは母親には基本的に承認を求めるので、母親に否定されると弱いんですね。女の子も勿論そうなのですが、特に男の子にはその傾向が強く、東大生は大体マザコンだって話もあります。

もう少しいうと男性は女性に否定されるとものすごく脆いです。男性は女性に対して強烈に承認を求める生き物であるため、キャバクラなどが流行るのです。

だから女性は男性に対し「きゃーすごーい」「うんうん、よくわかるよ♪」と言っておけばOKです。それだけでモテます!!

男性にとって「性格がいい女性」というのは自分の承認欲求を満たしてくれる女性です。

そんな女性と結婚したいんだが!!

…あれ?何の話だっけ?

 

今の自分の「目標」って何だっけ?

先日とっつぁんという方が「思考のフレームワーク」というブログをお書きなっていました。

thinking-frame.work

半端ないクオリティで普通に出版できるレベルだと思いますので、是非皆さまに読んでいただきたい内容なのですが、その中で「企画」と「課題」と「目標」に関する記述があったので引用させていただきたいと思います。

 

では、改めて、「企画」というものはどういうものなのか。

端的に言えば、

『「企画」とは「課題」を解決するもの』

ということになりますし、「良い」企画ということであれば、

『「より良く」「課題」を解決するもの』ということになります。

つまり、「企画」の良し悪しは、「課題」を解決した「程度」によって規定されることになります。

 引用元:改めて企画というもの

 

「課題」を考える際は、まず「目標」を考えないといけません。「目標」をよく考えるならば、「課題」も自ずと見えてくるんじゃないかなと思います。

「課題」を全て解決したら、必ず「目標」に達成していないといけません。もし「目標」に達していないとするならば、「課題」が洗い出されていないことになります。それは、「課題」の確かめ算になります。常に、「目標」に達するか、否かをチェックする必要があります。

もし、全て解決したら「目標」に達することが出来るとします。一生懸命頑張れば、「目標」は到達できます。おめでとうございます。
「目標」の意味性が低かったら、「課題」をどれだけ解決したとしても、意味が無かったことになります。

「課題」は大事ですが、それよりも、「目標」・「目的」の設定はもっと大事になってきます。

 

引用元:「課題」発見における、「目的」の重要性

 

これを読んだ時、あぁ、自分は「目標」が設定できていないんだなぁというのを強く感じました。

先日とあるブログの記事がアフィリエイト界隈で話題になっていました。

blue-color-afi.com

兼業でも専業でも、おおよそアフィリエイトに関わった人なら共感できる部分が多いと思うんですよね。

私もかなり近い状態になっており、アフィリエイトだけでなく全てに対するやる気というかモチベーションが大きく下がっています。

そのせいか作業に関する能率は過去最低となっており、昨日は2000文字の記事を書くのに3時間かかった挙句にクオリティもあがらないという散々な結果となりました。

どうしてそうなるかというと「目標」の設定が出来ていないからなんだと思います。

 

アフィリエイトに関する「目標」って何だっけ?

アフィリエイトをやっていると、どこかの段階でこの壁にぶち当たると思います。

例えば確定100万円を目標にアフィリエイトをやっていると達成した瞬間にやる気がなくなってしまうなどです。

私の場合は「最悪な状態を脱したこと」でモチベーションが大きく下がってしまいました。

私にとってそれがアフィリエイトをやる目標だったんですよね。そのための課題がお金を得ることで、どんなサイトを作ってどうやって収益をあげるかが企画だったという感じでしょうか。

アフィリエイトに関する目標は今まで常に変わってきました。

当初はアフィリエイトで利益を出すということが目標だった訳ではなく、本業で独立するにあたり「集客」のスキルを得たいという目的でアフィリエイトをやっていて、会社を辞めてからは兎に角生活費を稼がなければならなかったというのが大きな目標でした。

私の場合は税金や社会保障費用含めて25万円あれば余裕で暮らすことができ、とりあえず今年は大きな出費をしなければ生き延びられるという段階にあるため、完全にやる気がなくなっています。

そしてそのことに大いなる恐怖を感じていますが、先ほどのブログの方に近い状態になっており、モチベーションが全然あがりません。一時的にやる気を振り絞るのですが、すぐになくなってしまいます。

総じて「目標」の部分が失われている状態ですね。なので「課題」も見えないと言った所なのだと思います。

 

 これから先何を目的にアフィリエイトをやっていくのか?

勿論「確定100万円」を目的にやっていきたいのですが、それを目標にしてよいのだろうか?

というより、それを目標とすると確実にその後のモチベーションがだだ下がりするよなと思っています。そこから200万円、300万円に伸ばしてやるぜぇ!!となるのかどうか。もちろんそこに行きついてみないとわからない訳なので杞憂なんですが、既にかなりヤバイレベルでのモチベーション低下が始まっています。

発生とはいえ100万円を一度越えて、確定は90万円弱だったのですが、これが10万円増えたら景色が変わるかと言うと疑問です。

www.kellertheaffiliate.com

 

むしろ一気に増えすぎて言いようもない恐怖感が湧いてきてしまいました。

あれ、収益が増えたらもっとモチベーションって増えるんじゃなかったっけ?

あとどれくらいの間アフィリエイトを続けるのだろう?

ちなみに「アフィリエイト モチベーション」で検索すると色々な記事が出てきます。

1位はさすがのネトビジュさんですね。

netbiju.net

 

ルレア製作者の一人MOTOさんの記事も出てきました。

steplyism.com

やっぱり9割さんのこの記事が好きですね。

xn--cckcdp5nyc8g.cc

成り上がりアフィリエイトを読むのもいいかも知れません。

www.tunerzinemedia.com

 

あぁ、そうかアフィリエイトじゃなくて人生の目標がないのか

書いていて気付いてしまいましたが、人生の目標がないんですね。

とんでもなく致命的なことですし、書いてて悲しくなるのですが、そこが確信なのかと。

 

プラトンの確か「ソクラテスの弁明」かなんかに

「人は不幸だと思ったその時のことを思い出して、あぁ自分はなんて幸福だったのだろうと思う」

というような言葉があったと思いますが、なんだか今はよく分かるような気がします。

 

xn--cck3bve4chg.xyz

 

この記事を書いてまだ3か月しか経ってないのかという想いと、もう3か月経ったのかという想いがありますね。

これを書いたときはもう自分がこのまま死ぬんじゃないかって時で、朦朧とする意識の中で、まるで遺書を残すかのような想いで書いた記憶がかすかにあります。

この時に比べれば、ありとあらゆる点がよくなっているはずなんですよね。

普通に呼吸できるぐらいになりましたし、とりあえず死なないぐらいの蓄えはできそうだ。友人や知り合いも大分増えました。

けど、なぜかこのころの方が幸福度が高かったような気がします。

それは、病気さえよくなればきっとすべてが良くなるという希望があったからなのでしょう。

「何かがよくなる」って思わないと、人間生きていけないんですよね。

当時は今よりも不幸な状態だったはずなのに、今よりも生きることへの希望があった。

 

ないのなら、作ってしまえモチベーション 金など使ってしまえ

人生の目標とかは決まっていませんし、アフィリエイトの目標なども決まりませんが、結局金銭的にピンチにならないとモチベーション的にはダメになるようです。

ので、5月は思い切って投資をしようかなと思っています。

とはいえFXや株式に投資をするわけではなくて、アフィリエイトに投資をしてみようかなと。

具体的には

YDNに10万円

中古ドメインに10万円

外注費用に10万円

と言った所でしょうか。

30万円で免許取ってもいいんですけどね。もってないし。

でも、アフィリエイトに対する恐怖感もすごいんですよね。

アフィリエイトは成果額が上がれば上がるほど不安感や恐怖感も上がるという不思議なビジネスモデルです。

どんな段階であれ、その状況は続かない。

だったら、今より良い状況を作るしかないですよね。

ある意味今の「目標」は「人生はよりよくなるという確信を得ること」かも知れない。

そのためには一体何が「課題」なのか? そのためにどんな「企画」をすればいいのか?

眠れぬ夜は続きそうだ!