ケラー・ザ・アフィリエイト!

これからアフィリエイトを始める方に向けた広告・メルマガ一切なしの初心者向けブログ

アフィリエイトプログラムの種類を知ろう

f:id:kellertheaffiliate:20170209200938j:plain

アフィリエイトで最も重要なのは「商品選定」だと思います。

アフィリエイトの手法は無数と言っていいほどあり、取るべき戦略などはその商品によって大きく異なってくると言ってよいでしょう。

 アフィリエイトにおける4つのプログラム

人によって考え方は異なると思いますが、個人的にアフィリエイトプログラムは以下の4種類に分けられると思っています。

① クリック報酬型

② ショッピング型

③ 情報商材

④ 独自ASP

以下1つずつ見ていきましょう。

 

クリック報酬型プログラム

 はてなブロガーなどがよく利用している「google adsense」などに代表されるように、訪問者が広告をクリックすることで媒体運営者にマージンが入る仕組みです。

アクセス数があれば収入は入りやすい仕組みになっているため、初心者には最も向いているプログラムだと言えるかも知れません。

アドセンスだけで月に数百万円の成果を挙げている方もおり、そういった方は「アドセンサー」とも言われています。

個人のブロガーがよく利用するのはもちろんですが、2016年より問題になっている各種キュレーション、大量のアクセス数を持つ価格.comなどもこの仕組みを利用していますね。

クリック型プログラムは兎に角アクセス重視ですので、アクセスの集めやすいはてなブログとの相性は抜群です。

アフィリエイトをどうやって初めていいかわからない方ははてなブログで自分の好きなことを書き、アドセンスを貼っておけばどこかのタイミングで成果がでます。かく言う私も本格的にアフィリエイトを始める前の初めての発生はアドセンスでした。

 クリック型プログラムは「google adsense」が最も有名ですが、その他にも以下のようなプログラムが存在しています。

 

・忍者Admax

・i-mobile

 

その他にも色々とプログラムはありますが、それはまた別の記事にて解説したいと思います。

 総じて成果は上がりやすい一方、クリックの単価は低いという特徴があります。

ショッピング型プログラム

大手ECサイトのアフィリエイトプログラムです。

後に紹介するような独自ASPの案件に比べて発生までの難易度はとても低く、賛否両論あるとは思いますが、全くアフィリエイトをやるのが初めてという方はまずショッピング型ASPから始めるのがよいかと思われます。

ショッピング型プログラムの代表格は「アマゾンアソシエイト」と「楽天アフィリエイト」の2つです。

中でも強力なのが楽天アフィリエイトで、クッキー効果と言われるクリック30日以内にその人が楽天市場などで買い物をしたら自分にマージンが入るという仕組みがあり、自分が紹介した商品でない商品を訪問者が楽天で購入した場合でも成果が上がるという仕組みになっています。

ショッピングASPにはこの2つの他にも

・Yahoo!ショッピング

・ビックカメラ

・ポンパレモール

・ノジマオンライン

・ヤマダオンライン

・セブンオンラインショッピング

・イトーヨーカドーオンライン

など多彩なプログラムが用意されており、現在も参入企業は増え続けています。

この辺りも別記事で詳しく解説していきたいと思います。

 

 情報商材

賛否両論のある情報商材です。

文字通り情報を売る商材で、「これさえあれば大丈夫!片思いを絶対に成就させる方法」や「年間6億円稼ぐトレーダーが明かすFX必勝法」などのようなちょっと胡散臭い感じの情報を販売するプログラムです。

多くはPDFファイルなどを配信し、購入者はそれをダウンロードして利用します。

インフォトップなどで販売されている商材は情報商材として認識されており、別記事で紹介させていただいたHTMLサイト作成サイト「sirius」やワードプレステンプレートである「賢威」なども情報商材となります。

 

www.kellertheaffiliate.com

 情報商材に関しては、SEO(検索エンジン)による集客よりもメールマガジンによる集客の方が相性が良いと言えるかも知れません。

秒速で億稼ぐという意味不明なキャッチフレーズで目立っていた男もメールマガジンにより高額塾を売りさばくという手法で一気に富を稼ぐことに成功していましたね。

アフィリエイトが胡散臭いビジネスだとみられがちなのも情報商材の存在があるからかも知れませんが、情報商材アフィリエイトはアフィリエイト全体でもごく少数の取り扱いとなっています。

私がこのブログに広告を一切貼らないのも以前のブログでは情報商材の広告を貼っていたためどこまで行っても情報商材アフィリエイターとして見られていたという理由が大きいです。今では情報商材は一切扱っていませんが、先述した「sirius」や「賢威」などのように有用なプログラムもあるため全ての情報商材が悪という訳ではないことはここで強調したいと思います。

 

独自ASPプログラム

 私を含め、アフィリエイトを専業としている人の多くが利用しているのがこの独自ASPです。

発生させるまでの難易度はクリック報酬型やショッピング型に比べてはるかに高いですが、その分報酬も高く、一件決まると10000円以上の成果になるプログラムも存在しています。

独自ASPプログラムにおいては商品選定とキーワードの選定、更にはSEOも必要になってくるため成果を挙げるまでの敷居が非常に高く、多くの方が1件の報酬も得られないまま挫折してしまう結果となっています。

私自身も、去年の5月にサイトを開設し、今年の2月現在でもまだ一件の発生もないサイトが存在しているぐらいです。

ただ、いずれは独自ASPに挑戦することになると思われますので、成果が中々挙がらない状態でも続けていく覚悟があるのならば初めから挑戦するのも良いかも知れません。

 独自ASPプログラムについてもまた別記事にて詳しく解説したいと思います。

 

簡易的な記事まとめ

 情報商材は除くと、各プログラムは以下のような特徴になるかと思われます。

 

クリック報酬型…成果が発生しやすく初心者向きだが大きく稼ぐには膨大なアクセス数(万単位)が必要

ショッピング型…成果は発生しやすいが1つずつの額は小さい(両立~5%ほどが普通)。大きく稼ぐには不向き。

独自ASP…成果発生までのハードルは非常に高いが単価が大きく数十万単位はもちろん数百から数千万円単位の成果を挙げる者もいる

 

これからアフィリエイトを始める方は、クリック型⇒ショッピング型⇒独自ASPの順にステップアップしていくのがおすすめです。