読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケラー・ザ・アフィリエイト!

これからアフィリエイトを始める方に向けた広告・メルマガ一切なしの初心者向けブログ

アフィリエイトはキーワードで決まる!~総則編~

f:id:kellertheaffiliate:20170315175146j:plain

人によって大きく考え方は違うと思いますが、アフィリエイトは漫然と記事を書いているだけでは成約まで至らず、成約まで至るキーワードで記事を書かないと成果は出ないと思います。

これはSEOでもリスティングでもメルマガでも同様で、成約から遠いキーワードで記事を書くとどれだけ書いても成果が挙がらないという状態になってしまいます。

 

PVが多ければ成約するというものでもない

アドセンスを始めとしたクリック型広告などはPV数が多ければその分利益も大きくなるのですが、独自ASPを利用する場合はPVが多ければそれだけ成約数が増えるという訳でもありません。

 

www.kellertheaffiliate.com

 

私自身の経験に即していうと、月間40000PVのサイトが月に2~3万円かそれを下回る成果しか出なかった一方で、月間3000PVにも満たないサイトが月に20万円以上の成果が出ている状態です。

PVは10分の1ですが、成果は10倍以上という結果になっています。前者は成約に至らないキーワードでアクセスを集めた結果で、後者は成約に直結するキーワードでのみ記事を作成した結果となっています。

成約するキーワード・しないキーワード

例えば「看護師転職」と「脳室ドレナージチューブ」という2つのキーワードで記事を書いた時、どちらが成約するかと言えば「看護師転職」ですよね。

「脳室ドレナージチューブ」は看護師技術の1つで、検索する人は基本的には転職を考えていない看護師の方ですので、アフィリエイト成果には結び付きにくいキーワードだと言えるでしょう。

対して「看護師 転職」と検索する人はこれから転職をすることを考えている人なので、アフィリエイトにおける成果に結びつきやすいキーワードだと言えます。

そして、かなり重要なことなのですが、成果に結びつきやすいキーワードほど検索上位になるのが難しいです。現在では成果につながりやすいキーワードは広く知れ渡ってしまっている状態ですので、競争相手も非常に多くなっている訳です。

 

ビッグ・ミドル・スモール(ロングテール)

人によって定義は変わりますが、アフィリエイトにおけるキーワードには「ビッグワード」「ミドルワード」「スモールワード(ロングテール)」という考え方があります。

ブロガー界ですと月間検索回数30000以上でビッグキーワードというようですが、アフィリエイトにおいては3位以内に入ると月間100万円以上の成果が挙がるキーワードのことを指すことが多いです。

 

ビッグキーワード

3位以内で月100万円以上の成果が期待できる(と言われている)キーワードです。

単一キーワードであることが多いですが、ジャンルによっては複合キーワードでも大きな成果が望めます。

*実際に1位を取った訳ではないので実際に100万円以上になるかどうかの真偽は不明です。

勿論のこと競争が激しいので、1個人でビッグワードを取るのはほぼ不可能ではないかと言われています。

 

美容ジャンル

・脱毛

・脱毛サロン

・脱毛エステ

・ダイエット

・育毛剤

+おすすめ、比較などのキーワード

・永久脱毛

・全身脱毛

・ニキビ

・酵素

・酵素ドリンク

・基礎化粧品

通信ジャンル

・格安スマホ

・格安SIM

・乗り換えキャッシュバック

・WiMAX

・プロバイダ

・回線

 

健康食品ジャンル

・青汁

・ユーグレナ

・葉酸サプリ

・水素水

・サプリメント

・グルコサミン

 

自動車ジャンル

 

・車査定

・車買取

・自動車保険

上記+おすすめ、比較

 

転職ジャンル

・転職

・仕事辞めたい

・求人

・看護師求人

・看護師転職

・MR求人

 

金融ジャンル

・お金借りる

・キャッシング

・消費者金融

・カードローン

・クレジットカード

・FX

さらにその後ろに比較やおすすめ、ランキングなどのワードがついたもの

 

その他のジャンル

・引っ越し

・引っ越し見積もり

・出会い

・婚活

・買取

・英会話

・スマホゲームおすすめ

・カニ通販

・債務整理

 

全ジャンル共通

・人気商品(サービス)の商標ワードおよび商標関連ワード

 

随時追加予定

 

ミドルキーワード

人によって定義は違いますが、トップ3に入ると月10万~ほどのキーワードと言ったところでしょうか。

こちらも現在ではビッグ並に競争が激しく個人での戦いは難しいと言えるでしょう。

 

商標キーワードなどを除くと

 

・ジャンル+比較

・ジャンル+おすすめ

・ジャンル+ランキング

・ジャンル+地域名

・ジャンル+効果

・各商標、商標関連ワード

・各ビッグワードのサジェストワード

・各悩み系キーワード(しみ なんとかしたいなど)

 

などなどたくさんあります。上記のビッグワードにこの辺りの言葉をくっつけるとミドルワードになるイメージでしょうか。「総量規制対象外」や「ETCカード作り方」などのジャンル特有のキーワードもあります。

この辺りは大は小を兼ねる面があるため、この辺りも大体大手が抑えている傾向にありますね。

以前は中古ドメインを大量に購入しミドルワードを無理やり上げる手法が成果を出すための最短距離と言えましたが、googleペナルティの厳しくなった現在ではコストパフォーマンス的に厳しいかも知れません。

 

www.kellertheaffiliate.com

 

スモールキーワード(ロングテール)

厳密にいうとスモールワードとロングテールは異なるかも知れませんが、検索件数がそれほど多くない点 や3語以上の複合ワードである点などからここでは同様のものとして扱います。

ロングテールというのは、恐竜の尾になぞらえた言葉で、例えば看護師転職ジャンルでいうと

ビッグ:看護師求人

ミドル:看護師求人 福岡

スモール(ロングテール):看護師求人 福岡 託児所あり 寮あり

と言った感じです。

ジャンルによってはスモールワードまで大手に占められている場合もありますが、基本的に個人が戦う場合はこのスモールワードを中心に考えるのが良いでしょう。

 

スモールワードの見つけ方

とはいえ実際にどうやってそういったキーワードを探すの?という方が大半だと思いますが、以下の方法があるかなと思います。

 

・商品のLPを読む

・Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトで探す

・本を読む

・自サイトの検索結果から探す

 

この辺りの話はアフィリエイト戦略思考というブログの以下の記事が参考になります。

 

affiliate-review-blog.com

 

この辺りはサイト作成とも関連がある部分ですが、個人的には

① 扱うプログラムを決める

② 商品のLPをよく読んで誰を対象にしたサービスなのかを考える(ペルソナの設定)この時点でジャンルや商品について書かれた本を読む

③ 設定したペルソナがどのようなキーワードで検索するかを考えて(知恵袋などで調べて)書き出す(手書きでノートに書きだす)

*この際にライバルチェックをする

④ 書き出したキーワードで記事を書いてみる

⑤ 成果は出ない笑

⑥ なぜ成果が出ないのか考え、改善する

*そもそも誰も検索していないのか、検索はするけれどもクリックされないのか、サイトはクリックされるけれども広告はクリックされないのか、広告はクリックされるけれどもCVしないのかで対応はだいぶ変わってくると思います。

検索されない⇒キーワードのそもそもの設定の失敗

クリックされない⇒ライバルサイトが強い、まだドメインの評価が始まっていないなど

広告がクリックされない⇒導入部の問題、ファーストビューの改善など

CVしない⇒ターゲット選定の失敗、キーワードとプログラムのミスマッチなど

⑦ サーチコンソールなどで検索ワードをチェックしながら再びキーワードを探し、記事を書く

以下繰り返しと言った感じです。

これが正解とかではなく、1例としてご参考いただければ幸いです。

 

商標・商標関連キーワード

 こちらは別記事にて記載したいと思います

 

www.kellertheaffiliate.com